野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

世界の野球

"世界の野球"ヒマラヤを北に臨む国ネパールの野球 第2回「希望から絶望へ」

2015年6月2日

ネパール大規模地震に関する義援金受付のお知らせ

文・写真=NPO法人ネパール野球ラリグラスの会(小林 洋平)

 ネパールの首都カトマンズから東へ12キロ、古都バクタプル。市街地にはネパールが誇る世界遺産「カトマンズ盆地」に含まれる歴史ある街並みが広がる。今年の3月、その市街地から少し外れたチャングナラヤン地区で子どもたちの野球大会が開催され、地元バクタプルの他、カトマンズとネパール第2の都市ポカラから合わせて4チームが参加した。
 優勝はポカラ市から参加したポカラ・ベースボール・クラブ。地元のバクタプル・ベースボール・クラブも主将のサグン・キチャジュ君を中心に健闘した。凸凹で野球場のサイズには遠く及ばないグラウンドは「野球から広がる笑顔」の花で満開だった。

 16年前、私たちは、ひょんな事からネパールでは野球が知られていないことを知った。大学の研修でネパールを訪れていた学生が友達同士でキャッチボールをしていると、それを見た歩行者が次々と立ち止まり、大きな人だかりができた。不思議に思ったその学生が調べてみるとネパールでは野球が知られていないことが分かった。
 当時、ネパールにはカースト制度が根強く残っていた。そんな中、野球にはチームワークや思いやりの精神が含まれ、誰もがヒーローになれるチャンスがあるという観点から、「野球」を通して交流することが明るい社会づくりに繋がればとの想いを持ち、学生たちはネパールでの野球普及活動を始めた。そして、一方的な支援ではなく、野球を通して共に学び合う「協働」を理念とし、「ラリグラスの会」が発足した。
 その後、交流活動を続け、結果的に、ネパール人初のプロ野球選手誕生、ネパール野球連盟発足、国際大会出場などといった出来事にも繋がることになった。尚、ラリグラスの会もネパール野球連盟もメンバーは全て無給のボランティアであり、他に本業を持ちながら、ネパール野球発展のために日々活動している。
 ラリグラスの会の理想は、ネパールでの野球の広がりとネパール野球の「自立」を見届け、発展的に解散することである。

 前述のバクタプルで行われた大会は、初めてネパール人だけの運営で行われた。ネパール野球連盟の「自立」に向けた大きな一歩となる大会でもあった。更にその野球熱を高めるための一つの取り組みとして、6年ぶりに日本人指導員をネパールに派遣することが決まっていた。日本人指導員の出発を翌日に控え、ラリグラスの会のメンバーはその無事を祈るために神社へ祈祷に行った。そして、お参りが済んですぐに、知人から筆者に一通のメールが入る。

「ネパールで大地震が発生。大丈夫ですか?」

4月25日(土)日本時間15時11分、M7.9の大規模な地震発生。

 神社へのお参りの後は野球指導員の壮行会をする予定だったが、壮行会は一転、ネパールの地震被害の情報収集と関係者の安否を確認する場となった。そして、報道機関からの取材や問い合わせで筆者の電話は鳴りやまない。
 時間の経過とともに、甚大な被害の様子が伝わってくる。しかし、ネパール野球連盟や関係者とは連絡がつながらない。指導員の派遣もやむなく見合わせることになった。希望が絶望へと変わった。
 そして、地震発生から2日後の4月27日、ネパール野球連盟の会長とようやく連絡が取れた。会長からは「助けてほしい」と要請があった。ラリグラスの会では、すぐに義援金を募り、必要な物資を集め、要請があってから10日後には筆者が仲間と共にネパールへ飛んだ。

闇の中の一筋の光
 カトマンズ・トリプバン空港。駐機場には各国からの支援物資が積まれ、輸送機のオスプレイが飛んでいる姿も目にした。  空港にはネパール野球連盟の会長を含む役員6人が出迎えてくれたが、慌ただしい。空港にいた人々の表情も何かにおびえているように見えた。街は悲壮感に包まれていた。
崩れている家、テント...。それと、外国の救援隊や多くのボランティアの姿があった。

 死者8700人、負傷者20万人、倒壊家屋7万6000棟。(5月26日現在)
それらの数字が被害の大きさを物語る。

 「野球から広がる笑顔」で賑わっていたバクタプル・チャングナラヤン地区も大きな被害を受けた。バクタプル・ベースボール・クラブの野球少年全員が被災。ほとんどの家が倒壊または半壊し、多くの人がホームレスとなった。野球道具も倒壊した瓦礫の中。多くのものを一瞬で失った。

 主将のサグン・キチャジュ君の自宅も倒壊。現在は近くの親戚と一緒に生活している。彼は昨年、ラリグラスの会が企画した「日本・ネパール野球交流プログラム2014」でネパール代表U15のメンバーの一人として来日した。持ち前の明るさでムードメーカーとなり、駒ヶ根市や東大阪市で開催した親善試合でもヒットを放つなど活躍した。帰国前には「楽天イーグルスの野球教室など10日間のプログラムで学んだことを他のメンバーに伝え、これからの練習に活かす。」と語っていた。

 サグン・キチャジュ君は地震発生時、野球の練習が行われている凸凹のグラウンドにいた。彼らは月・水・金・土曜日の週4日野球の練習をしている。土曜日は学校が休みということもあり、友達と野球をしていた。

 そのサグン・キチャジュ君にいくつか質問を投げかけた。

「地震どう思ったか?」
――大きな揺れと地鳴りを感じ、頭を抱えながらその場に伏せた。初めての事で何が何だか分からなかった。とにかく怖かった。

「地震があったが、これからの事をどう思うか?」
――友達と野球をしていることは心の支えになっている。もっと練習して、ネパールに野球を広めたい。そして、日本でプレーできるような選手になりたい。

 地震で家が全壊になった野球少年もいる。野球どころではないはずだ。
しかし、地震発生2日後の月曜日から、子供たちは通常通り野球をしている。筆者は彼らが野球を続けていることに驚いた。また、この状況の中でも、上を目指しているという彼のコメントには更に驚いた。

ネパール人の心に根付き始めた野球
 昨年、サグン・キチャジュ君は日本の野球を体験し、野球について多くの事を学んだ。そして、帰国後はバクタプルのリーダーに成長している。カトマンズやポカラから参加した少年たちも同様で、新しい世代のリーダーが育ちつつある。

 また、かねてより、ラリグラスの会では、中国にあるMLBの訓練センターにバクタプル・ベースボール・クラブから2名のコーチを5月下旬に2週間派遣し、指導者としての訓練を行おうと計画していた。それが地震により、現時点での派遣は困難かと思われたものの、コーチたちからは「MLB中国での訓練は大きなチャンスである。子供たちのため、バクタプルのため、ネパールのため、是非行かせて欲しい。」と強く訴えられた。そして、その熱意により、予定より2週間遅れではあったが、彼らは中国へと旅立った。

 そして、前述の野球大会の開催に当たっては、発足5年目を迎えるネパール野球連盟の人たちは何度も会議を開いて準備を進めるなど、大いに努力をしている。16年前には無かった野球が、ネパールで確実に根付き始めている。

野球の力
 「ラリグラス」はネパールの国花、石楠花(しゃくなげ)である。会の名前は、山地の岩石にしっかり根を張って生息するラリグラスにならい、揺らぐことのない根を下ろした活動を続けることを祈って名付けた。また、それには、野球がいつか国を象徴するスポーツになって欲しいとの願いも込められている。

 彼らの心には「野球」が根付いている。その野球から生まれた力がある限り、復興と野球普及が進むと信じている。

 そんな中、12月に復興支援野球大会を開催することを決めた。ラリグラスの会では、ネパールの復興のためには物質的な支援もさることながら、被災者に勇気を与えるような精神的な支援、子供たちの笑顔に繋がるような支援の必要性も感じている。その観点で、ラリグラスの会が野球の活動を継続していくことがネパールへの支援になると考えている。そして、復興支援野球大会がその一助となればと願っている。尚、今回の野球大会の開催は「野球大会開催を目指したネパール震災復興支援事業」として、日本国政府が推進しているスポーツを通じた国際貢献事業である「Sport for Tomorrow」のプログラムとしての事業認定を受けている。

 サグン・キチャジュ君は最後に語りかけた。
「食料や飲み物は足りている。地震で家が無くなった。雨季に入るので、屋根付きの家が欲しい。」

 地震で深い傷を負ったかもしれない、しかし、野球でできた友情の絆は強い。

 ラリグラスの会では復興支援大会へ向けた義援金を募っている。

ネパール大規模地震に関する義援金受付のお知らせ

今回特別寄稿を頂きました「ネパール野球ラリグラスの会」よりのお知らせです。

「ネパール野球ラリグラスの会」では、下記のとおり、被災者救援を支援するための義援金を募ることといたしました。詳細は、下記URLよりのページに記載しております。

皆様の温かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

http://www.nepalbaseball.net/news/2015/20150427_earthquake.html

ヒマラヤを北に臨む国 ネパールの野球
世界の野球
アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA