野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

お知らせ

侍ジャパン女子代表コーチ就任およびトライアウト実施について

2017年10月2日

 侍ジャパン女子代表(マドンナジャパン 橘田恵監督)は、大会6連覇がかかる「第8回WBSC女子野球ワールドカップ」(2018年開催予定)に向け、新たにコーチ3名が就任することとなりました。
 また、ワールドカップに出場する代表選手の編成は一次審査を行ったうえ、関東および関西で二次審査としてトライアウトを行います。

ヘッドコーチ

木戸 克彦(きど かつひこ)

PL学園~法政大学~阪神タイガース~現球団職員
法政大学では3度のリーグ優勝、阪神タイガースでも正捕手として日本一を経験。今回は、橘田監督の依頼でヘッドコーチに就任。

コーチ

猪坂 彰宏(いさか あきひろ)

小野高校~早稲田大学~大阪ガス 現社員
兵庫県立小野高校で橘田監督のチームメイト。早稲田大学では遊撃手として活躍。卒業後は大阪ガスで選手、マネジャーとして活躍。

志村 亜貴子(しむら あきこ)

北海道ホーネッツ~アサヒトラスト 現中学校教諭
女子硬式野球クラブチーム「アサヒトラスト」の現役選手。女子野球ワールドカップでは第2回大会から俊足巧打を武器に日本代表に選出され、第5回大会から3大会続けて主将として活躍。

侍ジャパン女子代表「第8回WBSC女子野球ワールドカップ」選考方法

一次審査

書類選考により実施。
応募方法は10月11日(水)以降、全日本女子野球連盟のウェブサイトにて発表されます。

全日本女子野球連盟

二次審査

書類選考合格者によるトライアウトを関東・関西にて実施。
関西会場:11月25日(土)、26日(日)
関東会場:12月2日(土)、3日(日)

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017 チケット好評販売中

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA