野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

チームレポート

社会人代表選手選考合宿2日目 練習試合はJR東日本に1点差で惜敗

2018年3月17日

 今年8~9月にインドネシアのジャカルタで開催される「第18回アジア競技大会」に出場する侍ジャパン社会人代表の選手選考合宿2日目。初日に続きJR東日本との練習試合が千葉県のJR東日本野球部柏野球場で行われた。

1点差で惜敗

 前日15点を挙げた打線は序盤からソツのない攻撃で得点を挙げていった。初回は、先頭の皆川仁外野手(日本生命)と青柳匠内野手(大阪ガス)の連打でチャンスを作ると、3番・岡部通織内野手(JX-ENEOS)と笹川晃平外野手(東京ガス)の連続犠牲フライで2点の先制に成功した。さらに2回には小室湧未内野手(JR東日本)の安打と3四球で1点、3回には相手の3四球と藤本雄也外野手(新日鐵住金鹿島)のタイムリー、木南了捕手(日本通運)と堀米潤平内野手(東芝)の内野ゴロの間に1点ずつを挙げて3点。3回までに6点を挙げた。

 投手陣は先発が山田義貴投手(西部ガス)、2番手以降は阿部良亮投手(日本通運)、草場亮太投手(日本生命)、高橋拓已投手(日本生命)、吉川峻平投手(パナソニック)、平尾奎太投手(Honda鈴鹿)が登板した。しかし前日に続き任された2イニングないし1イニングで、ピリッとしない内容の投手が多く、無失点に抑えたのは2安打を浴びながらも、なんとか無失点に抑えた吉川のみだった。
 また3番手の高橋は4連打で1点を失うも、そこから決め球は全てストレートで5者連続三振を記録。桐蔭横浜大時代から定評のあるキレの良いストレートは、この日最速147km/hを計測するなど、社会人2年目の進化を見せた。
 打線は4回以降、得点を奪えず、試合は7対6でJR東日本が競り勝った。

 18日はJR東日本野球部柏野球場で午前中に練習を行い、選考合宿を切り上げる予定となっている。

監督・選手コメント

石井章夫監督

「チームとしての機能はまだですが、2試合やって選手個々の動きを見ることができました。投手が課題なので、どんどん良い素材が出てくればと思います。今後JABA大会を見て、この42人以外を選ぶ可能性もゼロではありません」

吉川峻平投手(パナソニック)

「インコースのストレートとカーブを課題にして投げました。(関西大4年時は大学代表に選出されたが)あの時は選ばれたことに驚き、驚いたまま終わった形でしたが、昨年社会人で1年間通して投げたことで、その時よりも自信を挑めるようになっています」

第18回 アジア競技大会
大会期間

2018年8月26日~9月1日

開催地

インドネシア(ジャカルタ)

大会公式サイト

Asian Games 2018 Jakarta Palembang

侍オンラインショップ

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA