野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

チームレポート

「BFA U-12アジア選手権」連覇へ 大志を抱き、強化合宿始動

2018年7月14日

 2018年8月13日~19日に台湾・台北市で開催される、「第10回 BFA U-12アジア選手権」で大会連覇を目指す侍ジャパンU-12代表。その選出メンバー15名が最初に集う強化合宿の初日が7月14日(土)、都内グラウンドにて行われた。

 都内ホテルに集合したチームは、バスでグラウンドへと移動し、大会連覇へ始動。まずはトレーナー指導の下、ランニング、短い距離のアジリティーをこなし、さらにチューブを使ったストレッチなど1時間に及ぶ入念なアップが行われた。この意図について侍ジャパンU-12代表・仁志敏久監督は「集合初日ということもあり、半分近くの選手は上手く体を動かせてなかったので、時間をかけてゆっくりやってもらいました。体のことこそ、子どもたちにとって一番重要だと思います」と説明した。

 ウォーミングアップの後は基本的動作を重視しながらのキャッチボール。肩が温まってきたところで投内連携やバント処理のフォーメーションなどのフィールディング、シートノックなどの守備練習を1時間ほど行った。特に一塁手と投手間を中心とした投内連携では、仁志監督と河端龍コーチが自らお手本となって実演する場面も。「捕球してからベースの足下を見るように」という指示に15名の若き侍戦士たちは、真剣な表情で聴き入っていた。

 その後は、1時間20分のバッティング練習。ここでは「プレーの動きがいいし、振る舞いも優れている。トライアウトの段階でキャプテン任命を決めていた」栗山 大成(捕手・熊本中央レッドスターズ)などが鋭い打球を飛ばしていた。その後、クールダウンを行い、3時間半に及ぶこの日の練習は終了した。

 練習後、仁志監督は「前回大会では優勝しているので、他のチームは日本を意識してくると思いますし、勝ち負けじゃないところも見本にしてくれるところもあります。野球以外のところも期待を裏切らないような振る舞いをさせていきたいと思います」と大会への意気込みを力強く語った。

 一方、練習序盤は緊張の面持ちを見せていた選手たちも、練習が進むにつれて次第に打ち解けた様子を見せ、最後は戦術的会話も見られた。このように活気に満ちた時間となった侍ジャパンU-12代表の強化合宿は明日15日まで都内で行われ、U-12世代アジア連覇に向けて強固な石垣を築いていく。

第10回 BFA U12アジア選手権

大会概要

大会期間

2018年8月13日~8月19日

グループA

2018年8月13日(月)19:30 チャイニーズ・タイペイ 8 - 4 日本
2018年8月14日(火)15:30 日本 21 - 0 インドネシア
2018年8月15日(水)15:00 日本 12 - 2 スリランカ
※開始時刻は日本時間(台湾:時差-1時間)

セミファイナル

2018年8月17日(金)18:00 韓国 4 - 3 日本
2018年8月18日(土)15:30 日本 16 - 1 パキスタン
※開始時刻は日本時間(台湾:時差-1時間)

3位決定戦

2018年8月19日(日)15:30 日本 10 - 0 パキスタン
※開始時刻は日本時間(台湾:時差-1時間)

開催地

台湾(台北市)

出場する国と地域

グループA
日本、チャイニーズ・タイペイ、スリランカ、インドネシア

グループB
韓国、パキスタン、香港、インド

2018日米野球

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA