野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

チームレポート

マウンドは土?それとも人工芝? 公式練習で両方の感触確かめる

2018年8月21日

 第8回WBSC女子野球ワールドカップ(22~31日、米国フロリダ)で6連覇を目指す侍ジャパン女子代表が20日(日本時間21日)、フロリダ州ヴィエラのUSSSA・スペース・コースト・コンプレックスで公式練習に臨んだ。

 現地練習4日目にして初めて、施設内の別グラウンドに土のマウンドが用意された。1時間だけ使用可能となり、8人の投手陣は早速、感触を確かめに向かった。目の当たりにしたのは、人工芝マウンドの一部をくり抜いて土を入れたもの。今は人工芝部分と土の部分に段差がある状態だが、21日までに土を盛って段差をなくす作業を行うという。

 本来の高さがないとはいえ、7人の投手が一人7分間の投球練習を行った。土は米国流の粘土質のタイプ。エースの里綾実投手(愛知ディオーネ)は「粘土みたいにグニャグニャしている」と言いながらも感触は悪くなかった様子。「(スパイクが土に)ちゃんと入るので、粘れる。投げることだけを考えると、投げやすいです」と感想を語った。

 やっかいなのは打球処理だ。投手陣が実際にボールを転がしてみると、人工芝部分は打球が高く跳ねる一方、土の部分はほとんど転がらなかった。マウンド自体のすそ野もグラウンドとわずかな段差があり、投手前の打球は不測の動きをする可能性がある。

 この土のマウンドの横には、新しい人工芝のマウンドも用意された。実は、どちらを使用するかはまだ決まっておらず、参加各国の意見を聞いて、21日の監督会議で決定するという。

 人工芝マウンドは、この施設にすでに設置されているものとは違うタイプだった。大野七海投手(大阪体育大)は「(踏み出した)足がズルッと滑ります。雨の中のマウンドみたい。これで雨が降ったらどうなるんでしょうか」と不安を口にした。「歩幅を狭めて投げ方を変えないといけないですね」と新人工芝マウンドへの対応をイメージした里は「ある程度ごましながら調整してやっていきます」と語った。

 マウンド問題は二転三転している。大会前には人工芝マウンドで実施と告知されていたが、17日に土のマウンドを用意していることが判明。ただ、開幕を2日後に控えてもどちらを使用するか未定という事態だ。橘田恵監督は「日本としては土でいきたいと言うつもりです。どちらにしてもあまり気にし過ぎないようにと思っています。あらゆる嫌な想定を伝えて、準備としての心構えをどんどん出していこうと思います」と悠然と構える。

 この日は、22日の開幕戦で対戦するドミニカ共和国がまだ現地入りしておらず、21日の公式練習をキャンセルしたことが分かった。開幕にも間に合わない可能性がある。橘田監督は「休養日(27日)に組み込まれるかもしれない」と想定。すでにオープニングラウンド5試合のローテションを組んでいたが、ドミニカ共和国戦が27日になる場合のローテションについても検討を始めた。様々な想定をして準備を進めていく。

第8回 WBSC 女子野球ワールドカップ

大会概要 出場選手

大会期間

2018年8月22日~8月31日

オープニングラウンド

8月22日(水)23:00 日本 8 - 0 ドミニカ共和国
8月23日(木)23:00 香港 0 - 23 日本
8月25日(土)7:00 日本 2 - 1 カナダ
8月26日(日)7:00 キューバ 1 - 4 日本
8月27日(月)7:00 日本 5 - 1 オーストラリア
※開始時刻は日本時間(フロリダ:時差-13時間)

スーパーラウンド

8月29日(水)7:00 日本 3 - 0 アメリカ
8月30日(木)2:00 日本 2 - 1 チャイニーズ・タイペイ
8月30日(木)22:00 日本 10 - 0 ベネズエラ
※開始時刻は日本時間(フロリダ:時差-13時間)

決勝

2018年9月1日(土)7:00 日本 6 - 0 チャイニーズ・タイペイ
※開始時刻は日本時間(フロリダ:時差-13時間)

開催地

アメリカ(フロリダ)

出場する国と地域

グループA
アメリカ、ベネズエラ、チャイニーズ・タイペイ、韓国、オランダ、プエルトリコ

グループB
日本、カナダ、オーストラリア、キューバ、香港、ドミニカ共和国

2018日米野球

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA