野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

試合レポート

侍ジャパン女子代表、20安打23得点で香港を圧倒 開幕2連勝

2018年8月24日

 侍ジャパン女子代表は8月23日(日本時間24日)、第8回WBSC 女子野球ワールドカップ(米国フロリダ)のオープニングラウンド第2戦で香港と対戦。23—0の5回コールドの圧勝で2連勝した。

 先発投手の石村奈々投手(履正社高)はじめ、先発メンバー5人が10代と若手主体で臨み、20安打で23得点を奪った。

 初回に相手バッテリーミスのミスで2点を奪った後、5番の緒方佑華捕手(履正社RECTOVENUS)が中前に適時打を放った。初戦のドミニカ共和国戦でも3安打1打点をマーク。昨年9月のアジアカップでMVPを獲得した右打者は国際大会で勝負強さを発揮している。

 3回には打者15人を送り込む猛攻を見せた。圧巻だったのは2死一塁からの7連打。三浦伊織外野手(京都フローラ)の右前打から長打あり、バント安打あり、四球を挟んで7本安打を連ねた。

 投げては、代表初選出の18歳・石村が4回を無安打無失点と好投。2番手の19歳・大野七海投手(大阪体育大)も1回を1安打無失点と続いた。

 2試合連続0封で2連勝した侍ジャパン女子代表は24日の第3戦で強豪カナダと対戦する。

監督・選手コメント

橘田恵監督

「今日は若手中心で行かせてもらい、野手は全員出すことができました。エラーもなく、この2試合でいい準備ができたと思います。明日のカナダ戦で、また一つ成長した姿をお見せしたいです」

石村奈々投手(履正社高)

「国際大会は生まれて初めてだったので緊張しましたが、先輩たちが声をかけてくれて、落ち着いて投げることができました。点数をつけるなら80点。この後、どんどん大事に試合になってくるので、思い切っていきたいです」

緒方佑華捕手(履正社RECTOVENUS)

「調子は良いです。しっかり自分のスイングができています。国際大会では打てる気がしています。明日は接戦になると思うので、確実に守って、確実にチャンスで打って、全員で1勝を取りにいきます」

三浦伊織外野手(京都フローラ)

「(4打数3安打1打点)ボールが速くない投手だったので、崩されないように無理せずセンター返しを心掛けました。明日のカナダは波に乗ったら怖いチームという印象があるので、もう1度気合いを入れ直して臨みたいです」

第8回 WBSC 女子野球ワールドカップ

大会概要 出場選手

大会期間

2018年8月22日~8月31日

オープニングラウンド

8月22日(水)23:00 日本 8 - 0 ドミニカ共和国
8月23日(木)23:00 香港 0 - 23 日本
8月25日(土)7:00 日本 2 - 1 カナダ
8月26日(日)7:00 キューバ 1 - 4 日本
8月27日(月)7:00 日本 5 - 1 オーストラリア
※開始時刻は日本時間(フロリダ:時差-13時間)

スーパーラウンド

8月29日(水)7:00 日本 3 - 0 アメリカ
8月30日(木)2:00 日本 2 - 1 チャイニーズ・タイペイ
8月30日(木)22:00 日本 10 - 0 ベネズエラ
※開始時刻は日本時間(フロリダ:時差-13時間)

決勝

2018年9月1日(土)7:00 日本 6 - 0 チャイニーズ・タイペイ
※開始時刻は日本時間(フロリダ:時差-13時間)

開催地

アメリカ(フロリダ)

出場する国と地域

グループA
アメリカ、ベネズエラ、チャイニーズ・タイペイ、韓国、オランダ、プエルトリコ

グループB
日本、カナダ、オーストラリア、キューバ、香港、ドミニカ共和国

2018日米野球

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA