野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

会見レポート

2018日米野球の出場選手を発表 稲葉監督が選出理由や意気込みを語る

2018年10月10日

 10月10日、「2018 日米野球」(11月9日開幕)に出場する侍ジャパントップチームの記者会見が都内で行われた。

 会見の冒頭で侍ジャパン強化委員会の山中正竹強化本部長が「2020年の東京五輪を見据え、このタイミングで新たな選手を招集し、その力を試してみようと思います。世界最強軍団であるMLBオールスターチームに対して、すべての選手が大会を経て大きな成長を期待しています」と挨拶をし、その後に稲葉篤紀監督から代表28選手の名前を読み上げた。
 稲葉監督はこの2018年を「試すことのできる年」とし、「2020年の本番を戦うイメージをしながら、世界最強の相手に対して勝ちにこだわって戦って行きたいです」と抱負を述べた。

 また、その後の質疑応答では主に初選出となった選手らを中心に報道陣から質問が飛び、稲葉監督が選出理由などを明かした。
 史上最年少で「3割30本100打点」を今季達成した岡本和真(巨人)については「今年1年、非常に成長した選手。精神的強さも持っていますし、自分の力を思いきって発揮していただきたい」と期待を明かした。一方で初選出での4番起用に関しては「4番の候補になり得る可能性も十分にはありますが、初選出ですので、あまりプレッシャーをかけないほうがいいのかもしれないという思いもあります」と慎重な姿勢を示した。

 打撃も武器としている捕手の森友哉(西武)の選出については「捕手は守れることが一番大事ではありますが、国際試合は点を取れないと勝てないので打てるということも重要になります。打撃はもちろんのこと、ブロッキングやリードも向上してきているので楽しみです」と攻守両面での評価を明かした。
 他にも岸孝之(楽天)には「現役時代に対戦しタイミング取りづらい投手と実感している」、上沢直之(日本ハム)には「ゆったりとしたフォームから力強い球を投げ、武器であるフォークもどこまで通用するのかを見てみたい」と選出理由を語った。
 また昨年のアジアプロ野球チャンピオンシップを通して韓国、チャイニーズ・タイペイの左打者の多さを実感し、東克樹、濵口遥大(ともにDeNA)、笠原祥太郎(中日)ら若手左腕も積極的に選出したという。

 会見の最後に山中強化本部長が「稲葉ジャパンの中核になっていくステップにしてもらいたい」、稲葉監督が「五輪の戦いはもう始まっている」と力を込めた。MLBオールスターチームという世界最強軍団を相手に、新たな選手の台頭や戦力の底上げが期待される。

2018日米野球

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA