野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

菊池 涼介 きくち りょうすけ

KIKUCHI RYOSUKE

菊池 涼介

トップチーム

2017WORLD BASEBALL CLASSIC™

背番号 4 ポジション 内野手
身長 171cm 投打 右投右打
体重 69kg
菊池 涼介

トップチーム

2016侍ジャパン強化試合

背番号 4 ポジション 内野手
身長 171cm 投打 右投右打
体重 69kg
菊池 涼介

トップチーム

2016侍ジャパン強化試合

背番号 4 ポジション 内野手
身長 171cm 投打 右投右打
体重 69kg
菊池 涼介

トップチーム

2015欧州代表戦

背番号 4 ポジション 内野手
身長 投打 右投右打
体重
菊池 涼介

トップチーム

2014日米野球

背番号 4 ポジション 内野手
身長 投打 右投右打
体重
菊池 涼介

トップチーム

2013チャイニーズ・タイペイ戦

背番号 4 ポジション 内野手
身長 171cm 投打 右投右打
体重 69kg

1990年3月11日生まれ

経歴 武蔵工大第二高
  中京学院大
  2012 広島東洋カープ

縦横無尽なプレーで攻守においてチームに貢献する不世出の二塁手。守備範囲の広さは球界随一。昨季は打撃絶好調でリーグ最多安打を記録。今度は世界を舞台に暴れ回る。

プロ2年目の2013年に二塁手のレギュラーに定着。翌2014年には打率.325&23盗塁をマークするとともに、自身が前年に記録した二塁手のシーズン補殺数の日本記録を更新。プロ5年目の昨季はチームが快進撃を続ける中、自身も打率.315、13本塁打、56打点、13盗塁の好成績で、リーグ最多安打(181安打)のタイトルも獲得した。

侍ジャパンには2013年11月の台湾遠征で初召集。2014年11月の日米野球では打率.381(21打数8安打)の高打率を残すとともに、規格外の広い守備範囲がMLB公式サイトでも紹介され「忍者だ!」と絶賛された。2015年のプレミア12ではメンバー外となったが、2016年は春の台湾戦、秋のメキシコ・オランダ戦に出場。昨季の活躍もあってWBCメンバーにも文句なしで選出された。同じ二塁手には2年連続トリプルスリーの山田哲人(ヤクルト)がいるが、打撃面に加えて守備でチームを救えるのはこの男の方だろう。

2017年2月24日
目指すは世界一奪還 WBC出場侍ジャパン28選手を紹介

映画「あの日、侍がいたグラウンド」

菊池 涼介の出場大会

2017

WORLD BASEBALL CLASSIC™

2016

侍ジャパン強化試合
侍ジャパン強化試合

2015

欧州代表戦

2014

日米野球

2013

チャイニーズ・タイペイ戦

選手一覧

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA