野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

選手紹介

侍ジャパンU-18代表選手紹介(外野手編)「ポテンシャルの高い外野手3人」

2018年8月24日

 9月3日に宮崎で開幕する「第12回 BFA U18 アジア野球選手権大会」に出場する、野球日本代表「侍ジャパン」U-18代表の出場18選手が8月21日に発表された。全国に約16万人いる高校球児から選ばれた「精鋭」たちである。ポジション別に戦力分析をしていくが、最終回はポテンシャルの高い外野手3人を紹介していく。

 大阪桐蔭・藤原恭大は報徳学園・小園海斗とともに2年連続での代表入り。昨年9月のU-18ワールドカップ(カナダ)で銅メダルを獲得後、18年へ向けたリベンジを語っていただけに、経験を存分に発揮してほしいところだ。チームでは四番を打ち、史上初、2度目の春夏連覇を遂げた今夏の甲子園では3本塁打をマーク。左中間、右翼、中堅と三方向に打ち分けるバットコントロールと、スイングの力強さは目を見張るものがある。50㍍5.8秒の脚力を最大限に生かした中堅守備は強肩でもある。走塁面では単打でも外野手の動きを瞬時に察知し、積極果敢に二塁を狙っていく姿勢を見逃してはならない。

 浦和学院・蛭間拓哉と創成館・峯圭汰は自チームで主将を務めるリーダーシップの持ち主。

 蛭間の打撃は目を見張るものがあり、木製バットでもヘッドを利かせたスイングで快打を披露しそうだ。また、性格が明るく、ムードメーカーとしての役割にも期待される。浦和学院で3年間、スキのない野球を実践してきだけに、チームがプラスとなる積極的な発言も求められるところである。

 峯は昨年11月の明治神宮大会準優勝。センバツ8強、そして今夏の甲子園にも出場し、この1年間で多くの場数を踏んできた。一番打者として出塁率が高く、追い込まれてからの粘り強い打撃は、チーム全体に好影響を与えるはず。自己犠牲で動けるタイプであり、地味ながらも攻撃の糸口をつかむ、キーマンとなるかもしれない。

 今大会は18人という限られたメンバーではあるが、各々が与えられた役割に徹していけば、ものすごい力となる。2大会連続6度目の優勝へ、永田裕治監督の下で約16万人の球児から精鋭たちが、一体となって戦っていく。

第12回 BFA U18アジア選手権

大会概要 出場選手

侍ジャパン壮行試合 高校日本代表 対 大学日本代表

大会期間

2018年9月3日~9月10日

グループA

9月3日(月)18:00 日本 26 - 0 香港
9月4日(火)18:00 スリランカ 0 - 15 日本
9月5日(水)18:00 日本 1 - 3 韓国

スーパーラウンド

9月7日(金)18:00 チャイニーズ・タイペイ 3 - 1 日本
9月8日(土)18:00 日本 (中止) 中国

3位決定戦

9月10日(月)13:00 日本 14 - 1 中国

開催地

日本(宮崎)

出場する国と地域

グループA
日本、香港、韓国、スリランカ

グループB
中国、チャイニーズ・タイペイ、パキスタン、インドネシア

2018日米野球

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • asics
  • ガンホー

OFFICIAL PARTNERS

  • NISSAN
  • SAVAS
  • アサヒビール
  • eneos
  • JTB
  • Yahoo! JAPAN
  • sportsnavi
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    BrooksBrothers
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL AIRLINE PARTNER

    ANA