最大7点差から終盤に意地を見せるも逃げ切られ初黒星 戦績は1勝1敗のタイに | 大学 | 試合レポート | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

試合レポート

最大7点差から終盤に意地を見せるも逃げ切られ初黒星 戦績は1勝1敗のタイに

2023年7月9日

 7月8日(日本時間9日)、「第44回 日米大学野球選手権大会」(日本時間13日まで)の第2戦がアメリカ・ノースカロライナ州のUSA Baseball National Training Complex内にあるコールマン・フィールドで行われた。

 雨天により2時間遅れで始まった試合は3回までは投手戦が展開された。侍ジャパン大学代表の草加勝(亜細亜大)、アメリカ大学代表のドリュー・ビームの両右腕がそれぞれストレートと変化球のコンビネーションで好投を続けた。
 試合が動いたのは4回表。3番のチャーリー・コンドンが、草加が「スライダーが抜けてしまいました」と悔やむ甘く入った球を振り抜くと打球はレフトフェンスを越える先制のソロ本塁打となった。さらにアメリカ大学代表打線は手を緩めない。安打2本と四球で満塁のチャンスを作ると、ロドニー・グリーン・ジュニアが草加の甘く入ったストレートを振り抜くと、打球はライトフェンスを軽々と越える満塁本塁打に。この回一挙5点が入り、試合の主導権をアメリカ大学代表が握った。
 直後の4回裏に天井一輝(亜細亜大)と宗山塁(明治大)の安打、西川史礁(青山学院大)が選んだ四球で満塁のチャンスを作るが、上田希由翔(明治大)の犠牲フライのみの反撃に終わる。
 すると、5回表には2番手・細野晴希(東洋大)が思うような投球をさせてもらえず。四死球2つや前日に本塁打を放ったジャック・カグリオーンにセンター前安打を浴びるなどアウト1つしか取れずに降板。代わった上田大河(大阪商業大)はシーバー・キングに詰まらせながらもライト前に落ちるタイムリーを打たれるなど、7点差に引き離された。

 その後は古謝樹(桐蔭横浜大)、木村仁(九州共立大)、岩井俊介(名城大)、蒔田稔(明治大)の好投で点差は広げずに踏ん張ると、最終回に脅威の粘りを見せる。
 西川と宮下朝陽(東洋大)の連打で1点を返すと、その後も熊田任洋(早稲田大)の当たりが2点タイムリーエラーを誘い4点差に。さらに辻本倫太郎(仙台大)、宮崎一樹(山梨学院大)、渡部聖弥(大阪商業大)が四球を選んで、さらに1点を返し「一発出れば逆転サヨナラ」という2死満塁のチャンスが訪れた。しかし、最後は宮崎恭輔(慶應義塾大)が空振り三振に倒れて試合終了。
 反撃及ばず5対8と敗れたが、大久保哲也監督は終盤の粘りについて「もう1本欲しかったですが、明日に繋がるものでした」と振り返った。

 これで戦績は1勝1敗のタイとなり、第3戦もコールマン・フィールドで試合が行われ、日本時間の7月10日朝6時試合開始予定だ。王手をかけ、優勝に一歩近づくのはどちらか。熱戦の行方に注目だ。

監督・選手コメント

草加勝(亜細亜大)

「1巡目は相手も様子見の部分があったと思います。2巡目から対応されたので実力不足を感じました。日本ではあの失投でもホームランを打たれることは無かったので動揺してしまいました。今日の対戦で打者の傾向は分かったので、しっかり頭に入れて次の登板に臨みます」

宮下朝陽(東洋大)

「(途中出場でタイムリー)試合展開を考えて出番があると準備していました。最初の打席で対戦した投手よりも球が遅かったのでボールが見えていました。(今後に向けて)試合後半での代打で一本打てるようにしていきたいですし、大振りしても打てないので、コンパクトに野手の間を抜く打球を打っていきたいです」

ラリー・リー監督

「昨日は投打において負けていたので今日は絶対に負けないと思って戦い9回以外はそれができました。ただ9回は大きな反省です。日本は野球に対するリスペクトを持っていて素晴らしいです。日本は基本に忠実で、守備練習などは試合と同じスピードで練習から取り組んでいます。アメリカは練習ではゆったりしているので、アメリカには無いことですね」

ドリュー・ビーム

「とても長いシーズンでしたが、今日はすべて思い通りに投げることができました。日本はアメリカと違い、左打者がインコースを逆方向に打つので、それを頭に入れて投げました」

第44回 日米大学野球選手権大会

大会概要 出場選手

大会期間

2023年7月8日~7月13日

試合日程
7月8日(土)7:00 アメリカ 2 - 5 日本
7月9日(日)7:00 日本 5 - 8 アメリカ
7月10日(月)6:00 アメリカ 5 - 0 日本
7月12日(水)7:30 日本 4 - 3 アメリカ
7月13日(木)7:30 アメリカ 2 - 6 日本
※開始時刻は日本時間(ノースカロライナ/サウスカロライナ:時差-13時間)

開催地

アメリカ

日本 vs 欧州代表 オーセンティックユニホーム 選手着用モデルユニホーム数量限定 受注販売開始!
カーネクスト 侍ジャパンシリーズ2024 日本 vs 欧州代表

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • MUFG

OFFICIAL TITLE PARTNER

  • ラグザス株式会社

OFFICIAL PARTNERS

  • JTB
  • KONAMI
  • 興和株式会社
  • 花王 SUCCESS
  • JAPAN AIRLINES
  • DOCTORAIR
  • 檸檬堂

SUPPORTING PARTNERS

  • LAWSONticket
  • UNIQLO
  • mizuno