日本 vs インド | 第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト

メニュー

日本語 English

第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ
日本 vs インド

2016年9月5日(月) ドリームメインパーク 試合開始 14:00

  1 2 3 4 5 H E
インド 0 0 0 0 0 0 1 5
日本 4 2 4 8 X 18 18 0

試合経過

OUT 走者 打者 結果
1回表
GAONKAR 空振り三振
KUSUMAKAR 空振り三振
DHAKA 見逃し三振 チェンジ
1回裏
平賀 愛莉 センターフライ
厚ヶ瀬 美姫 フォアボール
三浦 伊織 セカンドゴロ ランナー3塁進塁
川端 友紀 フォアボール
盗塁成功
有坂 友理香 レフトホームラン(打点3)
金 由起子 センター前ヒット
田口 真奈 レフト前ヒット
長池 玲美菜 レフト前ヒット(打点1)
志村 亜貴子 レフトフライ チェンジ
2回表
BAINS 空振り三振
BHUYAN 見逃し三振
GAUDE レフト前ヒット
RUPASHI ファーストゴロ チェンジ
2回裏
平賀 愛莉 レフトフライ
厚ヶ瀬 美姫 ライト前ヒット
三浦 伊織 セカンドゴロ
川端 友紀 センターオーバーツーベース(打点1)
有坂 友理香 レフト前ヒット(打点1)
金 由起子 レフト前ヒット
田口 真奈 ショートゴロエラー
長池 玲美菜 セカンドフライ チェンジ
3回表
POOJA ショートゴロ
ARSHDEEP 空振り三振
GAONKAR セカンドゴロ チェンジ
3回裏
志村 亜貴子 ショートゴロエラー
平賀 愛莉 サードゴロ
厚ヶ瀬 美姫 センター前ヒット
三浦 伊織 ショートゴロエラー 1点追加
川端 友紀 センター前ヒット(打点1)
有坂 友理香 センターフライ
金 由起子 レフトオーバースリーベース(打点2)
田口 真奈 ショートフライ チェンジ
4回表
ピッチャー交代:荒木 未来 → 笹沼 菜奈
KUSUMAKAR 空振り三振
DHAKA ファーストゴロ
BAINS サードゴロ チェンジ
4回裏
長池 玲美菜 センター前ヒット
志村 亜貴子 センター前ヒット
平賀 愛莉 レフト前ヒット(打点1)
厚ヶ瀬 美姫 センターツーベース(打点1)
三浦 伊織 サードフライ
川端 友紀 レフト線ツーベース(打点2)
ピッチャー交代:ZAINAB → VIRPAL
寺部 歩美 レフトオーバーツーベース(打点1)
石田 悠紀子 サードゴロエラー
田口 真奈 フォアボール
ワイルドピッチ 1点追加
ピッチャー交代:VIRPAL → BODEKAR
ワイルドピッチ
長池 玲美菜 セカンドゴロエラー(打点1)
志村 亜貴子 レフト前ヒット(打点1)
平賀 愛莉 セカンドゴロ
厚ヶ瀬 美姫 ピッチャーゴロ チェンジ
5回表
BHUYAN 空振り三振
GAUDE 見逃し三振
RUPASHI ピッチャーゴロ 試合終了
第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ

大会概要
第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ 出場選手(2016年7月10日発表)

大会期間

2016年9月3日~11日

オープニングラウンド
9月3日(土)19:00 カナダ 2 - 8 日本
9月4日(日)14:00 日本 12 - 0 オランダ
9月5日(月)14:00 日本 18 - 0 インド

スーパーラウンド

9月7日(水) 14:00 ベネズエラ 2 - 7 日本
9月8日(木) 19:00 日本 10 - 0 チャイニーズ・タイペイ
9月9日(金) 19:00 日本 10 - 0 オーストラリア
9月10日(土)14:00 日本 6 - 0 韓国

決勝
9月11日(日)18:00 日本 10 - 0 カナダ

会場

韓国釜山広域市キジャン郡

侍ジャパン女子代表候補 マドンナジャパン座談会

【第1回】マドンナジャパンの注目3選手の素顔
【第2回】3選手がそれぞれに感じる女子野球界の変化を語る>
【第3回】マドンナを目指す全国の野球女子たちに伝えたいこと

PARTNERS

DIAMOND PARTNERS

  • 日本通運
  • MUFG

OFFICIAL PARTNERS

  • SAVAS
  • JTB
  • 檸檬堂
  • KONAMI
  • カーネクスト
  • 興和株式会社
  • 花王 SUCCESS
  • OFFICIAL TICKETING PARTNER

    LAWSONticket
  • OFFICIAL SUIT PARTNER

    UNIQLO
  • OFFICIAL UNIFORM PARTNER

    mizuno
  • DIGITAL MEDIA PARTNER

    Amazon Prime Video